双葉工業のスタッフブログ

記事一覧へ戻る
予測するトレーニング

安全教育研修を行いました。

災害事例 6枚の絵を、

社員全員それぞれ 1事例ずつ配布。

 

どんな災害が発生しそうか?

その災害が起こらないようにするには

どんな対策を行えばよいのか?

研修当日までの課題です。

 

DSC_0249 

当社の研修では、グループワークを取り入れることが多いです。

グループワークを取り入れることで、

個々の意見を聞いたり、自分の意見を伝えたりする状況が

できるからです。

DSC_0252  DSC_0253

さらに、安全教育研修では、

課題を提示することが多いです。

 

それは何故でしょう。

 

DSC_0256 DSC_0261

気付かれた方もいらっしゃるかと思いますが、

今回の災害事例の絵は、

昨年、安全教育研修で行った災害事例の絵を使用しています。

 

前回と異なる点は、

災害事例の「発生状況」と「原因」の説明文章がありません。

DSC_0262 DSC_0259

 

どんな危険が潜んでいるかを予測するトレーニングを行うためです。

 

社内研修では、『意識』して( ~だろう)という危険を探していますが、

いずれ無意識に

現場の状況をみて、想像される危険をあげることができ

なおかつ、危険を避けるための対策を身に付けていくことが

目的です。

 

どんな業種・どんな業務でも

ハインリッヒの災害トライアングル定理が存在するでしょう。

 

ここ1ヶ月間での

ヒヤリ・ハット体験をメモしておいてください

が、次回の課題です。

 

>092-504-5005までお気軽にどうぞ 無料相談受付