防護柵

記事一覧へ戻る
和白2804号線 転落防止柵補修工事

納入事例をご紹介しています。

工事名称 和白2804号線 転落防止柵補修工事
発注者 福岡市東区役所
施工場所 福岡市東区和白3丁目地内
工事期間 平成25年10月4日~平成25年12月22日
工事概要

水路沿いの道路(一方通行あり)にて、古くなった転落防止柵の補修工事。

既存土台の緩やかな傾斜箇所にあわせて転落防止柵は、PZ-KP1100を使用する。

 

事例写真

 【完成】

DSC_0052

【着工前】

DSC_0021  

柵の向こう側は、水路。自動車等の一方通行があり、比較的歩行者が多い場所。

ところどころ隙間やサビで曲がっていたり、柵の高さも現在の基準を満たさず低かったため補修を行いました。

 

【完成】

DSC_0054

【着工前】

DSC_0025

 

【完成】

DSC_0053

【着工前】

DSC_0023

既存のコンクリート土台が緩やかな斜面の箇所もあるため、今回使用した転落防止柵は

溶接固定したものではなく、横胴縁が可動式で勾配に対応できるPZ-KPという製品を使用しました。

 

 

 

>092-504-5005までお気軽にどうぞ 無料相談受付